【仮想通貨投資】22年4月末の運用報告(3か月目)

【仮想通貨投資】22年4月末の運用報告(3か月目)

こんにちは、アドラン(@onerun1025)です。

  • 仮想通貨初心者の運用成績はどのくらいなの?
  • どのくらいの金額を投資しているの?

このような疑問に答える記事になっています。

2月から仮想通貨・ビットコイン投資を始めました。

まだまだ投資額は少ないですし利益もほとんどありませんが、運用報告をしたいと思います。

これから仮想通貨投資を始めようとしている人に参考になればうれしいです。

2022年4月末の運用報告

4月末の運用報告です。はじめて3か月の運用成績です。

投資額(累計)評価額損益損益率
3月53,991円66,323円12,332円22.84%
4月143,548円144,435円887円0.62%

購入金額(合計90,000円)
・スポット買い 77,000円
・積立購入   13,000円

今月は先月に比べてかなり利益が減りました。

4月の初めころに比べて65万円以上下がっています。

元図:bitFlyer

12,000円以上あった利益がわずか900円弱になってしまいました。

この大きな変動がビットコインの魅力でもあり、怖いところでもありますよね。

今月の購入については、指値で買っているスポット買いが結構買えたので良かったと思います。

ねらった金額に指値を入れて購入しています。

チャートを見ながら期待を込めて指値を設定して、刺さったときは結構うれしいものです。

今後も毎日積立&スポット買いで少しづつ買い増していきたいと思います。

投資方針は積立&ガチホ

仮想通貨投資の基本方針
・積立投資する
・長期保有(ガチホ)する

積立投資する

コインチェックとビットフライヤーで毎日積立を設定して購入しています。

積立投資とは、毎日あるいは毎月など決まった期間で決まった金額を自動的に購入する方法です。

ドルコスト平均法とも呼ばれています。

積立投資のメリットは、

  • 手間をかけずに投資できる
  • 少額から始められる
  • 高値で買うリスクを抑えられる

手間をかけずに投資できる

仮想通貨を購入する時に「チャートを分析して、買うタイミングを計る」のは手間ですよね。

子持ちのサラリーマンにはチャートをじっくり見ている時間はありません。

積立設定さえすれば、自動的に購入していくので時間のない人にはピッタリです。

小額から始められる

子持ちサラリーマンには、投資できるまとまったお金がありません。

1度にたくさん購入しようとするとある程度まとまった何十万円とか100万円とかが必要になります。

ですが、積立は少額で始められます

  • bitFlyerなら1円から
  • コインチェックなら月1万円から

自分の資金力に合わせた投資ができるのでサラリーマンには合っている投資方法と言えます。

高値で買うリスクを抑えられる

自分でタイミングを見て一括で購入すると買った直後に価格が下がってしまって「結果的に高値で買ってしまった」ということがあります。

それが怖くて購入をためらったり、大きく損をしたりしてしまうかもしれません。

一方ドルコスト平均法は、価額が高いときに少なく買い、低いときに多く買うことになります。

すると、一括投資に比べて平均取得単価を下げることができ、高値で買うリスクが抑えられます

長期保有(ガチホ)する

ガチホとは、「ガチ(本気)でホールド(保有)する」

短期的な値動きに左右されずに「将来もっと価値が上がる」と信じて保有し続ける手法です。

ガチホするメリットは次の3点です。

  • 長期的に値上がりが期待できる
  • 手間がかからない
  • 手数料が抑えられる

詳しくはこちら

【最強の投資方法】仮想通貨をガチホするメリットをわかりやすく解説

長期的に大きな利益が期待できる

仮想通貨・ビットコインは、今後も値上がりしていくことが期待されています。

例えば、ストックフローモデルによると、2025年には1ビットコインの価格が1億円を超える」ことが予測されています。

引用元:planB

白線が理論値、カラフルなドットが実際の金額ですがほぼ一致した動きになっているのがわかりますよね。

また、すでに世界中で実際に決済手段として利用されています。

日本でも、コジマ、ビックカメラ、メガネスーパーなどが導入しています。

今後も広がっていくと考えられ、それに伴ってビットコインの需要も高まっていきます

そうするとビットコインの価値が上がっていくことが予想されます。

手間がかからない

ビットコインを買って長期保有するだけなので、手間がほとんどかかりません。

短期的に売買をしようとすると、チャートを分析して、売買を判断し、実行する必要があります。

結構手間がかかりますよね。

そうすると子どもがいるサラリーマンには時間を作るのが難しいです。

ですが、ガチホであれば購入後ほったらかすことができます

値動きを気にする必要もありません。

サラリーマンにはぴったりな投資方法です。

手数料が抑えられる

仮想通貨を売買する時には手数料がかかります。

短期売買を繰り返すとその分手数料がとられていきます。

ですが、ガチホであれば買ったときに手数料がかかるだけ

あとは将来売る時にしかかかりません。したがって、手数料が安く抑えられます。

手数料は自分から見ればマイナスでしかありません。一回は小さな額でもチリツモで大きくなります。

なので、できるだけ売買の回数を減らして手数料を安く抑えましょう

おわりに

2022年4月末時点での資産運用報告をしました。

まだ仮想通貨投資を始めたばかりなので、これから勉強しながら進めていきたいと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事を読んで少しでも仮想通貨に興味を持った人は口座開設だけでもしておきましょう

口座開設は完全無料です。

コインチェック
bitFlyer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA