【コインチェックのメリット・デメリット】おすすめの理由を徹底解説

【コインチェックのメリット・デメリット】おすすめの理由を徹底解説

こんにちは、アドランです。

  • コインチェックで口座開設するメリットってなに?
  • デメリットはないの?

こんなお悩みに答える記事になっています。

仮想通貨を買おうと思ったときにどこで買えるか調べてみると「コインチェックがいい」とよく出てくると思います。

結論から言うとコインチェックは、とても使いやすくて初心者に優しいおススメの取引所です。

とはいえ、メリット・デメリットをしっかり理解したうえで取引所を決めた方がいいです。

この記事では、コインチェックのメリットとデメリットを初心者の方にもわかりやすく解説しています。

この記事を読めば、コインチェック安心して口座開設して仮想通貨を始めることができますよ。

コインチェックのメリット

コインチェックのメリットは次の5つです。

  • 国内取引アプリダウンロード№1
  • 取引所の手数料が無料
  • セキュリティ対策がしっかりしていて安心
  • 取り扱い通貨が豊富
  • レンディングができる

国内取引アプリダウンロード№1

コインチェックのアプリは国内取引アプリダウンロード3年連続№1です。

累計で153万人以上の人がダウンロードしています。(公式プレスリリース)

その理由は、操作画面がシンプルで使いやすいことです。

始めて使うときは、「購入画面はどこ?」とか「チャートはどうやって見るの?」とか「自分の通貨はいくらになってかみたい」というような悩みがあると思います。

 

画像はアプリの画面です。

 

見ただけでも何となくどこをタップすれば見たいところに行けるかわかりますよね。

コインチェックのアプリは直感的に使えるように作られていて、ほんとに使いやすいです。

そして、すでに多くの人が使っているので安心感もありますよね。

取引所の手数料が無料

コインチェックは取引所の手数料が無料です。

アドラン
アドラン

手数料がかからないというのはとてもおおきなメリットだね

なぜなら、投資した額のうち手数料分だけ資産が減ることになるからです。

1回は小さいですが、チリツモで将来大きな差になってきます。

なので手数料が無料であることはうれしいですね

販売所ってなに?
仮想通貨を買えるところに「販売所」「取引所」があります。
それぞれの違いは次の通りです。

【販売所】・・・販売会社(今回はコインチェック)と売買するので、すぐに売ったり買ったりできます。ですが、スプレッド(実質的な手数料)が高いです。
【取引所】・・・個人同士で売買するので、初心者には少し手間がかかります。ですが、手数料は低い。

セキュリティ対策がしっかりしていて安心

コインチェックは、大手証券会社マネックスグループの一員になっているのでセキュリティ対策が万全です。

じつは、コインチェックでは2018年1月にハッキングされ仮想通貨ネム(NEM)の流出事件がありました。約580億円の被害にあっています。

しかし、その後はマネックスグループの一員となって経営体制やセキュリティ対策を見直し、ハッキングに合いにくい対策をとっています。

現在ではアプリダウンロード数3年連続No.1となるほど信頼を取り戻しています

取り扱い通貨が豊富

コインチェックは取り扱い通貨が17種類で国内トップクラスです。

他の大手取引所は以下の通りです。

取引所名通貨数
GMOコイン21
フォビジャパン20
コインチェック17
bitFlyer15
DMMビットコイン11

コインチェックはGMOコイン・フォビジャパンに次いで3位となっています。

ビットコインやイーサリアムなどの有名な通貨だけでなくほかの通貨に投資してみたいという方にはコインチェックはオススメです。

レンディングできる

レンディングとは、保有している仮想通貨を取引所に一定期間預けて金利をもらう仕組みのことです。

コインチェックではこのレンディングができます

保有していた通貨を預けるだけで利益がでるのでガチホするつもりの人にはかなり魅力的なサービスです。

コインチェックで口座開設>>

コインチェックのデメリット

メリットはわかったけど、デメリットはないの?と思う方もいるかもしれません。

ここからはコインチェックのデメリットを解説します。

デメリットは次の3点です。

  • スプレッドが高い
  • イーサリアムが取引所で買えない
  • レバレッジ取引ができない

スプレッドが高い

コインチェックの販売所での購入の際「スプレッド」が発生します。

先に結論を伝えておくと、「スプレッド」は手数料みたいなもので事業者に入るものですが、取引所で売買することで無料にできるので安心してください。

次にスプレッドの解説をして行きます。

「スプレッド」とは、購入価格と売却価格との差額のこと。
実質的にコインチェックなどの事業者の手数料となります。

例えば、1BTCが「買値=500万円」「売値490万円」だったとします。

そうすると差額は10万円。

買ったときにすでに10万円のマイナスが発生します。

この10万円がスプレッド(=手数料)で事業者に入ります。

なので、売るときは1BTC=510万円以上の価格にならないと損をしていることになってしまいます。

スプレッドが高いのは嫌だけどどうすればいいの?
アドラン
アドラン

販売所ではなく取引所で購入すれば問題ありません

コインチェックは、取引所での売買には手数料がかかりません

他社だと取引所での売買でも手数料がかかりますので、コインチェックのすごさがわかります。

コインチェックは、スプレッドや手数料のことを気にしなくていいので初心者でも使いやすいですね。

イーサリアムが取引所で買えない

コインチェックでは、イーサリアムが販売所でしか買えません

そのため、どうしてもスプレッドが発生してしまいます。

どうしても「スプレッド(=手数料)を少しでも安くしたい」という方はbitFlyerをオススメします

bitFlyerなら取引所でも扱われていますので、手数料を安くすることができますね。

レバレッジ取引ができない

コインチェックではレバレッジ取引ができません

「レバレッジ」とは『てこの原理』を意味する言葉で、少ない資金で大きな資金を動かすことができる取引です。

例えば、資金10万円×レバレッジ10倍=100万円の資金が動かせるようになります。

これで利益が出れば大きなプラスになりますが、マイナスになったときも10倍のマイナスなので考えるだけでも恐ろしいことになります。

このようにハイリスク・ハイリターンの投資手法なので初心者には必要ないと思います。

ですが、少し慣れてきてレバレッジ取引もやってみたいと思ったときにコインチェックではできないので注意しましょう。

まとめ

今回は、コインチェックのメリット・デメリットについて解説させていただきました。

コインチェックのメリット・デメリットをおさらいしておきます。

メリット

  • 国内取引アプリダウンロード№1
  • 取引所の手数料が無料
  • セキュリティ対策がしっかりしていて安心
  • 取り扱い通貨が豊富
  • レンディングができる

デメリット

  • スプレッドが高い
  • イーサリアムが取引所で買えない
  • レバレッジ取引ができない

コインチェックは、とても使いやすく初心者に優しいのでおススメできる取引所です。

まだ口座を開設していないという人はこちらを参考に解説してみてください。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA